朝日I&R 建築内製化を目指す

Construction In-House Production of Asahi I&R

アウトソーシングからの脱却を目指します

朝日I&R建設、および朝日I&Rグループでは、生産のスピード化やコスト面だけでなく、技術という財産を未来へ受け継ぐという意味において、建築内製化を目指していきます。

建築内製化によるメリット

日本の建築業は1980年代以降、受注した業務を外部に委託する、いわゆる「アウトソーシング」が主流となっています。
アウトソーシングは、状況により委託先を変更できたり、社内にない技術やノウハウを使用できます。
また、社員教育をする労力が必要ないといったメリットがある反面、以下のような問題があります。

技術の断絶

外部委託していると、発注した企業に残るのは製品だけで、技術のノウハウは何も残らないのです。

内製化することで、社内にはその技術のノウハウが残り、受け継がれます。

ものづくりの遅延-タイムロス

外部委託では、業者の選定や契約までに時間がかかってしまいます。
そのため、モノを作ると企画した段階から完成するまで、非常に時間がかかってしまうというリスクがあります。

内製化することにより、よりスピーディーに生産することが可能となります。

コスト増幅

外部委託では初期投資等がかからない反面、社内生産に比べて一つの単価が上がってしまう場合があります。

内製化することで、コストの大幅な削減が見込まれます。

朝日I&Rグループ 建築内製化とは

私たち「朝日I&Rグループ」が推進する”建築内製化”とは、例えば朝日I&Rプロパティで土地の仕入れを行い、朝日I&R建設で施工した商品を朝日I&Rリアルティで販売する。といったよう、全工程において、朝日I&Rグループとお客様が直接コミュニケーションを取ることができるため、スピーディーかつコスト面においても、大幅な削減が見込まれます。

これは、時代とお客さまのニーズに応える、企業の最善の選択肢だと考えています。

施工
設計
企画
営業
管理
お客様

また、若年層の多機能職人育成プログラムにより、”建築内製化”を確立することは、同時に長期間安定して働いて頂ける労働環境を整えることにもなるのです。

多機能職人育成プログラム
資格取得支援
新卒採用

朝日I&R建設株式会社

〒843-0024 佐賀県武雄市武雄町大字昭和92番地

TEL 0954-27-7521

FAX 0954-27-7524

MAIL asahi-works@kkasahi.jp

URL https://www.asahi-iandr-works.com